スタッフブログ

新着記事一覧

婚活の会場に既婚者がいる、見分け方ってあるの?

2019年06月12日 [ スタッフブログ ]

 「既婚者と出会って、トラブルになりたくない」

「既婚者ってどうやって見分けるの?」
と思う人はいるのではないでしょうか。
既婚者と交際に発展すると、その人の配偶者から不倫として訴えられる場合があります。
そこで、婚活会場にいる既婚者の見分け方について紹介します。
 
□婚活会場にいる既婚者の見分け方
*とにかく忙しそうにする
デートに誘っても「仕事や友達関係が忙しくて、なかなか会う時間が取れない」場合は怪しいです。
普段は忙しいのに、婚活会場に来られることについて質問してみましょう。
 
*SNSを教えたがらない
大人になると、一般的にSNSは実名を出して利用します。
加えて、職場の人や家族関係について投稿している場合もあります。
その場合は当然、教えられるはずがありません。
 
*極度に写真を取られることを嫌う
最近は撮った写真をSNSにあげる時代です。
そのSNSにあげた写真を結婚相手に見られると浮気がバレてしまいます。
そのため、2、3回目のデートのときに「写真を取ろう」と確認しても良いでしょう。
 
*すぐに体の関係を求める
既婚者が婚活会場にわざわざ来る理由は体の関係を持つ人を探すためです。
もし、すぐに体の関係を求めてきた人とは連絡を断ちましょう。
 
□まとめ
以上、婚活会場にいる既婚者の見分け方について紹介しました。
この記事を参考に既婚者とは関係を持たないようにしましょう。

結婚相談所が解説、相手に配慮した丁寧な断り方

2019年06月10日 [ スタッフブログ ]

 「食事に行ったけど、合わないと感じた」

「他の相手が見つかった」
という理由で相手の誘いを断りたい人はいるのではないでしょうか。
下手な断ることは相手を傷つけてしまう可能性があります。
そこで、相手に配慮した丁寧な断り方を紹介します。
 
□相手に配慮した丁寧な断り方
相手に配慮した丁寧な断り方の例を3つ紹介します。
これら方法でも、少しは相手も傷ついてしまいます。
しかし、忙しいなどの雑な理由をつけて断ると、もっと傷ついてしまいます。。
*感謝->断り->謝罪
最初に誘ってくれたことへの感謝します。
次に、できれば理由を添えて、断ります。
最後に、誘いを断ることへの謝罪をします。
謝罪というと断ることが悪いように聞こえますが、相手に配慮するためには必要なことです。
 
*できるだけ早く断りの連絡する
お互いに結婚相談所に来ている以上、必死に相手を探しているはずです。
こちらが判断して連絡しなければ、相手の時間を無駄にしています。
そのため、断ることが苦手でも、先延ばしにせずに、出来るだけ早く連絡してください。
 
*相手を尊重しつつ、丁寧に断る
断りの理由を伝えるときに相手を批判せず、良い部分を書いた上で、先約があるなどの理由で断りましょう。
この断り方は断られた方も自分が誘った相手はやっぱり素敵な方だと思えます。
 
□まとめ
以上、相手に配慮した丁寧な断り方を紹介しました。
断る場合も相手に対する配慮を忘れず、丁寧に断りましょう。

婚活で出会った相手と結婚したい、アプローチ法は?

2019年06月08日 [ スタッフブログ ]

 「アプローチすると迷惑じゃないかな」

「デートへの誘い方がわからない」
と思う人はいるのではないでしょうか。
しかし、婚活をしている人で遊び目的の人はほとんどいません。
そのため、どんどん積極的にアプローチしましょう。
そこで、婚活で出会った相手にアプローチする方法を紹介します。
 
□婚活で出会った相手にアプローチする方法
婚活で出会った相手にアプローチする方法を3つ紹介します。
*興味を持った理由を示す
あなたは知らない人から挨拶された場合、「なぜ?」と疑問に思いませんか。
それと同じで知らない人にアプローチされた場合、「なぜ?」と相手は疑問に思います。
そこで、しっかりとなぜ興味を持ったのか、なぜ話してみたいと思ったのか伝えましょう。
 
*メールやSNSはなるべく簡潔に
気になる異性と連絡先を交換でき、気持ちが思い上がってしまうことはありませんか。
しかし、いきなりメールやSNSで長文で送ってしまう、返信が来てないのに何度も送ってしまうなどは引かれてしまいます。
もし、自分が送られてくる立場になると、少し怖いですよね。
やり取りするときは簡潔に、返信を来てから次のメッセージを送信しましょう。
 
*グイグイ押しすぎない
デートに誘うまでは積極的に行くほうが良いです。
しかし、デートの内容は食事に行くなど控えめにすることをおすすめします。
最初から家に誘い、ご飯を作るなどグイグイ押すと相手に引かれてしまいます。
 
□まとめ
以上、婚活で出会った相手にアプローチする方法を紹介しました。
ぜひこの記事を参考にアプローチしてみてください。

婚活で勘違いする人の特徴について相談所が解説

2019年06月06日 [ スタッフブログ ]

 「年収は700万円以上の人と出会いたい」

「教養を身につけたほうがモテる」
と思う人はいるのではないでしょうか。
しかし、このように思っている人は何か勘違いしています。
そこで、婚活で勘違いする人の特徴について解説します。
 
□婚活で勘違いする人の特徴
*世間一般の平均値を知らない
世間の平均年収は20代で350万円、30代で487万円、40代で528万円です。
しかしながら、「年収700万円以上で…」などと思っている人は少なからずいます。
その人は理想が高くなり、婚活をしているのに良い男性と出会えない可能性が高くなります。
 
*間違った自分磨きをする
女性によくあることです。
「教養をつけたほうがいいから」と英会話教室などに習い始める。
または、「やっぱり見た目が1番大事」と高級エステに通い始める。
これは婚活において、無意味なことではありません。
しかし、「結婚した後、無駄にお金がかかりそう」と思われることや習い事のためにデートをキャンセルすることで、相手に悪いイメージを持たせる可能性があります。
 
*結婚に対する意識が強すぎる
結婚相談所にきている以上、結婚を意識していることは前提です。
しかし、結婚に対する意識が強すぎると、「この人とは結婚できるか」というフィルターを通してしか人を見られなくなります。
そうなると、気楽に付き合うことができなくなります。
まずは2人で食事や遊びに行ってみましょう。
意外と気が合い、ゴールインできることもあります。
 
□まとめ
以上、婚活で勘違いする人の特徴について解説しました。
この記事の特徴に当てはまっている場合は注意してください。

婚活はしばしば苦戦することの要因として考えられること

2019年06月04日 [ スタッフブログ ]

 婚活で苦戦している人はいるのではないでしょうか。

あなたは自分で苦戦している要因をわかっていますか?
そこで婚活で苦戦する要因として考えられることを紹介します。
 
□婚活で苦戦する要因として考えられること
*新しい出会いに対して臆病になっている
最初は誰もが積極的だったはずです。
しかし、婚活でうまくいかないことが続くと、どんどん引きこもりがちになっていませんか。
引きこもってしまうと出会いのチャンスがありません。
そのため、「あともう1回だけ」と勇気を持って外へ出ましょう。
*「まだ大丈夫」と思っている
女性が1番魅力的だと感じられる年齢は20代と言われており、また男性が1番魅力的だと感じられる年齢は20代後半から30代と言われています。
女性で20代を過ぎている場合、男性で30代を過ぎている場合は少し危機感を持ちましょう。
*プライドが高い
プライドが高い女性は可愛げがないと思われ、プライドが高い男性は自己中心的だと思われることがあります。
もちろん、仕事に対するプライドなど必要なプライドはあります。
しかし、過去の栄光などのプライドは捨てましょう。
*理想が高く、妥協できない
理想が高いとその分、出会う男性の数は少なくなります。
そうなると必然的に婚活が長引き、苦戦している状態になります。
絶対に外せない条件だけに絞り、残りの条件は妥協しましょう。
いろいろな人と会っていれば、意外にも自分の理想の人が見つかるかもしれません。
 
□まとめ
以上、婚活で苦戦する要因として考えられることを紹介しました。
自分が当てはまったものがあるなら、即急に対処しましょう。

結婚相談所が解説、交際期間のおおよその目安について

2019年06月02日 [ スタッフブログ ]

 交際期間は長い方がいいのか短い方がいいのか、わからない人はいるのではないでしょうか。

交際期間0日で結婚する人もいれば、交際期間10年で結婚する人もいます。

そこで、婚活で交際に発展したあと、結婚までの交際期間の目安を紹介します。

 

□交際期間のおおよその目安は?

交際期間のおおよその目安は1年ほどです。

1年は短いと思う人もいるでしょう。

しかし、結婚相談所に来る人たちは結婚相談所に来ない人たちより、結婚の意識を強く持っています。

大学生から付き合って結婚した人たちは、大学生の時から結婚を意識していたわけではないでしょう。

そのように考えると、1年という数字も普通に見えてきませんか。

ただ、1年以上長く付き合うことが悪いことではありません。

1年以上付き合うメリットとして、お互いについて十分に理解した上で結婚できることがあります。

同時にデメリットとして、恋人関係が当たり前になり、プロポーズのタイミングを逃してしまうことがあります。

また、交際期間が1年より短いことも悪くありません。

プロフィールで相手の年収、趣味、職業などを知った上での交際となるため、短くなることも当然ありえます。

長く付き合えば、幸せな結婚生活が送れるわけではありません。

そのため、交際期間1年というのはあくまでも目安だと考えてください。

 

□まとめ

以上、婚活で交際に発展したあと、結婚までの交際期間の目安を紹介しました。

もし、わからないことがあれば結婚相談所のアドバイザーに相談してください。


婚活がうまくいかず結婚できない、どう対処すればよい?

2019年05月31日 [ スタッフブログ ]

 「婚活してるけどうまくいかない」という人はいるのではないでしょうか。

このような人はまず、うまくいかない原因がわかっていないと思います。
そこで、婚活がうまくいかず結婚できない人がどう対処すればよいか解説します。
 
□婚活がうまくいかない原因は?
婚活がうまくいかない原因がわからない場合は対処する方法がありません。
まずは婚活がうまくいかないよくある原因と対処法を紹介します。
自分が当てはまる原因を探し、しっかり対処しましょう。
*未熟で自立していない
何に関しても「お母さんに相談してから決める」人がいます。
もし、結婚するとほとんどの場合は親から離れて暮らします。
そのため、自立できていない相手とは結婚しようとは思いません。
この場合はとにかく日常から自分で決めることを意識しましょう。
 
*譲れない条件が多すぎる
1つや2つ譲れない条件は誰にでもあります。
しかし、譲れない条件の数が5つほどある人は自分でハードルをあげています。
そのため、出会いのチャンスを逃してしまっています。
この場合は譲れない条件を少し減らしましょう。
 
*ネガティブ思考
「どうせ自分なんて…」という人は相手からは暗く感じてしまいます。
婚活でうまくいきやすいタイプは明るくて行動的や笑顔でポジティブなどです。
そのため、この場合は根からポジティブにならずとも、少し考え方をポジティブにしましょう。
 
*期限を決めていない
期限を決めていない人はこれからもっと良い人に出会うかもと、無駄な期待をしていることが多いです。
しかし、無駄な期待をしている間にあなたは歳をとり、魅力が落ちていきます。
そのため、この場合は期限を決め、無駄な期待をすることはやめましょう。
 
□まとめ
以上、婚活がうまくいかず結婚できない人がどう対処すればよいか解説しました。
自分に当てはまる原因はありましたか?
この記事を読んでも原因がわからない、また相談したい場合は結婚相談所のアドバイザーに頼ってみてください。

婚活中の方ご注目、男性が相手を選ぶときの決め手は?

2019年05月29日 [ スタッフブログ ]

 男性が相手を選ぶときの決め手ってわかりますか?

「どうせ容姿だろう」と思う人もいるのではないでしょうか。
そこで、婚活で男性が相手を選ぶときの決め手を紹介します。
 
□婚活で男性が相手を選ぶときの決め手
*家事ができる
内閣府によると、妻と夫で家事の分担の割合は妻が家事の7割をする家庭が8割以上でした。
家事ができない、家事をしたくないと思う男性はたくさんいるため、家庭的な女性は人気があります。
 
*金銭感覚が近い
彼女の場合は金銭感覚が違うことがあっても、相手に合わせる男性はたくさんいます。
しかし、結婚相手になると、子育てや日常生活のお金のかかる部分で妥協できる場所と妥協できない場所が一緒でないと苦しくなります。
そのため、この部分は男女ともに求めることでしょう。
 
*趣味を続けさせてくれる、趣味が一緒
趣味が生きがいで、趣味のために働くという人も少なからずいます。
趣味が一緒なら2人で続けられるため、結婚相手に選ぶ人は多いようです。
 
*料理ができる
他の家事はできても料理だけはできない男性はたくさんいます。
1人暮らしの長い男性でも料理ができないという人は一定数います。
そのため、料理ができる女性は男性から人気があります。
 
□まとめ
以上、男性が相手を選ぶときの決め手を紹介しました。
女性は家庭的であってもほしいと望む男性は多いようです。

婚活のコツ、コミュニケーションをうまく取るための工夫って?

2019年05月27日 [ スタッフブログ ]

 男性、女性ともに結婚相手に求める条件の上位に「一緒にいて楽しいこと」「一緒にいて気をつかわないこと」があります。

しかし、婚活で出会った人と上手く話せない人はいるのではないでしょうか。
そこで、コミュニケーションをうまく取るための工夫の仕方を紹介します。
 
□コミュニケーションをうまく取るための工夫の仕方
コミュニケーションには2種類あります。
1つ目は言語コミュニケーション、2つ目は非言語コミュニケーションです。
それぞれの工夫を紹介します。
*言語コミュニケーションにおいての工夫
男性も女性も外見を褒められると嬉しいです。
しかし、「婚活で初めてあった人にいきなり外見を褒めるのはちょっと…」という人は身につけているものなど、その人のセンスに関わる部分を褒めましょう。
 
*非言語コミュニケーションの工夫
非言語コミュニケーションにおいての工夫は3つあります。
1つ目は笑顔です。
当然、真顔で話をするより、笑顔で話をする方が印象が良いです。
2つ目はアイコンタクトです。
会話中にアイコンタクトを取れないと興味がないと思われます。
また、男性の目が泳いでいると、女性に自信がないと感じ取られてしまいます。
ただし、目を睨むように見るのは逆効果のため、注意してください。
3つ目は姿勢です。
あなたは立っているときや座っているとき、猫背になっていませんか。
猫背は相手に暗い、弱々しいなどネガティブな印象を与えてます。
 
□まとめ
以上、コミュニケーションをうまく取るための工夫の仕方を紹介しました。
この記事を参考にして、上手にコミュニケーションをとってください。

婚活を始めるのはいつからがおすすめなのか?

2019年05月25日 [ スタッフブログ ]

 婚活はいつから始めると良いのかというと、男性にも女性にも言えることですが、出来るだけ年齢が若い内から始めることをおすすめします。特に将来は必ず結婚したいと思っている方であれば、男性は遅くとも20代後半、女性であれば20代前半から始めると良いでしょう。時代が移り変わって生涯未婚率も年々上昇していますが、それでも30歳までに結婚したいと望む人は未だに数多く存在しています。特に女性は妊娠や出産の年齢的なタイムリミットもありますので、必ず結婚したいと考えているのであれば、少しでも若い内に婚活を始めましょう。

 
男性は女性と異なり妊娠や出産のタイムリミットが無いので焦らない方も多いと言えますが、30歳前後になると周囲の友人達が結婚していくため、女性同様に焦りを感じることも多くなります。婚活では年齢を条件に挙げる方は男性も女性も多いので、女性に限らず男性も将来結婚を希望しているのであれば、少しでも若い内に始めることをおすすめします。20代のころは結婚願望が無かったけれど、30代以降になり結婚を希望しだしたと言う場合は、これも男性女性に限らず1日でも早く婚活を始めましょう。特に女性の30歳から35歳の間の年齢は、妊娠や出産を考えると悩んでいる暇はありません。男性も女性も30代以降は後悔しないためにも、結婚を考え始めたらすぐにでも婚活を行うことが大切です。

メニュー
月別一覧
ご成婚会員様の婚活ストーリー
無料カウンセリング受付中
親御様向け無料相談会
資料請求
スタッフブログ
外部リンク

※別窓で表示されます。

会員ログイン 会員様専用ページ
日本結婚相談所連盟
日本結婚相談所連盟 お試し検索
結婚相談所の安心・安全の証 JLCAマル適マークCMS
GSL