スタッフブログ

スタッフブログ

婚活に疲れた方におすすめしたいうまくいかない原因の分析

2018年11月15日 [ スタッフブログ ]

 「相手が見つからなくてもうやめたい」「相手とうまくいかない」

婚活にもう疲れたという方も多いかもしれません。
でもやはり成功させたいと思っているのではないでしょうか。
そんなときにやってほしいのは上手くいかない原因の分析です。
 
□婚活が上手くいかない原因
・自分に合った方法ではない
人と賑やかな雰囲気で過ごすのが苦手な人もいると思います。
そういう人が無理して婚活パーティーに行っても成果を得るのは難しいかもしれません。
また自分の意見が強い人は結婚相談所のアドバイザーの意見を聞くのが難しいということもあります。
自分に合った方法で活動することで上手くいく可能性は高くなるでしょう。
 
・相手に求める条件が厳しい
理想が高すぎて条件に一つでも当てはまらない場合、パートナーの対象にしない人もいますがそれは出会いの場を狭める結果になってしまいます。
これは絶対に譲れないというもの以外は一度条件を緩めて挑んでみると良いと感じる相手に意外とすぐに出会えるかもしれません。
また、第一印象だけで決めてしまうことも出会いのチャンスを減らすことになります。
 
・消極的すぎる
相手からの行動を待つだけではなかなか上手くいきません。
ある程度自分から積極的に動く必要があります。
 
・自分の話ばかりしてしまう
自分のことを知ってもらうことももちろん大切ですが、相手のことを知ることはもっと大切です。
相槌をうちながら相手の話をよく聞くようにしましょう。
 
□おわりに
婚活に必死になりすぎて上手くいかない原因を分析しきれていなかった人もいらっしゃるかもしれません。
今回ご紹介したような原因に少しでも心当たりがある人はそこから少しずつ改善していってみましょう。

婚活に疲れた方へ、暗い気持ちの解消法をご紹介

2018年11月13日 [ スタッフブログ ]

 「いい人になかなか会えない」「相手に断られて心が折れそう」

婚活をしている人の中には疲れた人もいらっしゃるかもしれません。
そんな暗い気持ちはどうすれば解消することができるのでしょうか?
 
□婚活疲れを解消する方法
*旅行
特に一人旅行は独身だからこそできる贅沢です。
しっかりストレスを解消し、リフレッシュしてからまた活動を再開しましょう。
 
*友人と遊ぶ
婚活で忙しいと友人との時間をなかなか取れない場合も多いです。
そこで疲れてきた時こそ友人と遊んでストレスを解消しましょう。
悩みなどを相談するだけでも気持ちに余裕が生まれるのではないでしょうか。
 
*新しい方法を使ってみる
今までの方法を一旦やめて、他の方法を試してみると上手くいくことがあります。
気分転換にもなる上、新しい出会いがあるかもしれません。
 
*婚活を休む
思い切って休んでしまうのもアリです。
辛い状態が続くことでその活動自体をやめるということにならないように、まず休んでから仕切り直してみることをおすすめします。
結婚相談所を利用している場合、相談所の中には休会できるところもあるので問い合わせてみましょう。
 
□おわりに
活動自体を諦めてしまうとこれから会うはずだった将来のパートナーと会うことができなくなってしまいます。
しかし無理のしすぎもよくありません。
自分のペースで時には休憩しながらすすめていきましょう。

結婚相談所が解説、交際までのデートの回数の平均は?

2018年11月11日 [ スタッフブログ ]

 婚活で出会った人とデートすることになったとき、どれくらいを目安に会えばいいのか、どのタイミングで告白すべきなのか頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

恋愛とは異なるためなかなかタイミングがつかみにくいかもしれません。
今回はそんなお悩みを結婚相談所が解決します。
 
□出会ってから付き合うまで
*デートの回数と期間
およそ3か月以内で3~4回までが理想的です。
あまり回数が少ないと相手の性格などが十分に把握できませんし、逆に多すぎると中途半端な関係をそのまま引きずってしまいがちになります。
 
*1回目
自分を知ってもらうこと、相手を知ることの2つを大きな目的にしましょう。
趣味や仕事の話など自分の情報をどれくらい相手に公開するかで相手が教えてくれる情報量も変わってきます。
しかしあまりにも自分のことを話しすぎて飽きられることがないように気を付ける必要もあります。
少しわからないところを残しておくことで次のデートにつなげることができるのではないでしょうか。
 
*2回目
水族館や遊園地、スポーツ観戦など活動的なプランを準備しましょう。
自分は何度か行ったことがある場所を行き先に選ぶと相手の会話や動きに集中することができるためおすすめです。
 
*3、4回目
お互いの興味があるような場所などに行くとよいでしょう。
プレゼントを贈ったり、軽いスキンシップをとってみるのもよいかもしれません。
 
□おわりに
デートももちろんですが告白は特に緊張するものです。
しかし3、4回と回数を重ねているならば相手も少なからず好意があると言えるでしょう。
デート終わりにあなたの気持ちを伝えてみましょう。

婚活を始めるのはいつから?その目安をご紹介します

2018年11月09日 [ スタッフブログ ]

 「周りは独身だしまだ大丈夫?」「親と結婚についての話題がでてくるようになった…」

少しずつ焦りだしてきている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし婚活はいつからはじめるべきなのでしょうか?
 
□婚活はいつからはじめるべき?
*結婚相談所利用者の年齢層
30代から40代前半の利用者が多いことから、本気で取り組むのは30代からが多いと言えるでしょう。
20代の利用者は30代の会員の約3分の1であるため、20代のうちはあまり結婚を強くは意識していない傾向がわかります。
この時期は社会人として結婚のことを考える余裕がないこと、周囲も独身が多く、恋愛を楽しみたいことも原因かもしれません。
 
*「早い時期から」がおすすめ
「あと1年で恋人ができなければ」「仕事がもう少し落ち着いてから」
という理由で婚活を先送りしている人は珍しくありません。
もちろん自分がベストな状態で開始することができるのが一番ですが、その状態にはなかなかならないのが現実です。
しかし時間は容赦なく過ぎていくため、年齢を重ねることは回避できません。
 
女性の場合特に婚活では年齢がとても重要です。
容姿や性格で自信がない部分があっても年齢が若ければ若いほど相手を見つけやすく、そのマイナス部分をカバーすることが可能です。
 
*目標とする年齢よりも3~4年前から動く
結婚したい年齢がある程度はっきりしているならばその3~4年前を目安に動き始めるようにしましょう。
相手に会うのに数年かかる場合もありますし、また余裕があれば焦って失敗することが少なくなります。
 
□おわりに
明確にこの年齢で開始すべきという指標はありません。
しかし結婚を漠然とでも意識しだしたら婚活をはじめることをおすすめします。
年齢は重ねれば重ねるほど難しくなっていくので若さを武器に将来のパートナーを探し始めてみてはいかがでしょうか。

婚活で出会った方と関係を深めるために、プレゼントでのおすすめ

2018年11月07日 [ スタッフブログ ]

 婚活で出会い、連絡先などを交換してとりあえず交際してみようという仮交際の段階の場合、恋人の関係とは言えませんよね。

そういった相手におすすめのプレゼントとはどんなものなのでしょうか。
 
□婚活で出会った相手へのプレゼント
この段階の相手へのプレゼントは消費したら形が残らない「消えモノ」がおすすめです。
また高価すぎるものはこの段階では相手に必要以上のプレッシャーを与えてしまうことがあるため避けるようにしましょう。
 
・お菓子
迷ったときにはクッキーや飴などお菓子にするのがおすすめです。
 
・ハンドクリームや化粧水
消耗品ですが人によって香りなど好みがわかれやすいです。
 
・一緒にショッピングして好きなものを選んでもらう
サプライズはできませんが、相手になにかあげたいという気持ちが大切です。
どんなものを渡せばいいのか悩んでいるときは一緒にお店に行って好きなものを選んでもらうと相手も必ず喜びますし、一緒に外出することでさらに仲が深まる可能性があります。
 
□おわりに
仮交際は相手の負担になりすぎないプレゼントが好感度を上げます。
「もっと高いものを渡したい」「形が残って思い出が残るものがいい」
そう思ってもそこはグッとこらえて本交際に至ったときに贈るようにしましょう。

結婚相談所を利用する会員で一番割合の多い年齢層は?

2018年11月05日 [ スタッフブログ ]

 30代の方は特に周りが次々と結婚していき、焦っているのではないでしょうか。

結婚相談所といえば年齢層が高いイメージがある方もいらっしゃるかもしれません。
実際はどんな人が多く利用しているのでしょうか。
 
□結婚相談所会員の年齢層割合
30代の利用が最も多いです。
次に40代の人が多くなっています。
 
□30代を逃してほしくない理由
・同世代の男性の対象から外れる
30代を過ぎてしまうと同世代の男性の結婚対象から外れやすくなります。
年上からのアプローチが多くなっていく傾向にあるため、同じくらいの年齢の男性と結婚したいと考えているならば30代のうちに婚活をはじめたほうがいいかもしれません。
 
・妊娠の確率
婚活をする女性で子どもが欲しい方もいらっしゃるのではないでしょうか。
年齢を重ねるにつれ妊娠する確率が減少していってしまい、40代になると1年ごとに約5%低下すると言われています。
妊娠の可能性や定年、子供の独り立ちなども考えると30代のうちに結婚することがおすすめです。
 
□30代に結婚相談所がおすすめの理由
・出会いの場ができる
日常生活でパートナーとなる異性に出会う機会はなかなかありませんよね。
20代だと友人の伝手で異性との交流なんていうものもあったかもしれませんが、30代ではそれもなかなか難しいのが現実です。
 
・マッチング率が高い
結婚相談所には真剣に結婚を考えている人たちが登録しています。
さらにその相談所のスタッフがサポートしてくれることでマッチング率が高く、成婚までの期間が短期間であることが多いです。
 
□おわりに
年齢を理由になんとなく結婚相談所の利用を躊躇していた方もこれを機に利用を考えてみてはいかがでしょうか。
30代という結婚のタイミングを逃さないためにも新たな一歩を踏み出してみませんか。

婚活パーティーにおいてはどのように振る舞えばよいのか?

2018年11月03日 [ スタッフブログ ]

 婚活パーティーにはじめて参加する場合、どういった振る舞い方をすればいいのだろうと戸惑っている方も多いかと思います。

「そのまま立っていたらいいの?」「相手が話すときどうするのが好印象なの?」
そんな疑問にお答えいたします。
 
□婚活パーティーの振る舞い方
・ある程度積極的に話しかける
待っているだけではなにも始まらずに終わってしまいます。
自分が魅力的に感じた参加者は他の参加者も魅力的に感じている可能性が高いです。
といっても積極的過ぎて相手のプライベートの話に立ち入りすぎるのもよくありません。
婚活パーティーでは結婚や家族の話題は避け気味にしておいて、関係がもう少し進んでから尋ねてみた方がよいかもしれませんね。
 
・同性同士で固まりすぎない
気づいたら同性同士で固まってしまっていたということがよくあります。
本来の目的は異性との出会いを求めているはずであるため、異性に話しかけるようにしましょう。
また逆に一人でつまらなさそうな雰囲気を出したり、食事をひたすら食べたりという行動も場の雰囲気を壊してしまうのでやめましょう。
 
・相手の目を見る
相手の目を見ながら話すと相手に自分の印象を強く残す効果があります。
 
・相槌
相槌があることで相手は自分の話を聞いてくれていると感じることができます。
すると好印象を持ってもらうことができるため、相手もさらに話しやすくなります。
 
□おわりに
はじめてそういう場に参加するならば特に緊張するかと思います。
しかし同じ会場にはあなたと同じように思っている人は意外といたりします。
それは異性も例外ではありません。
そういった異性に話しかけることであなたの出会いのチャンスも広がるのではないでしょうか。

婚活のパーティーに参加するときに着て行きたい服装って?

2018年11月01日 [ スタッフブログ ]

 「はじめて婚活パーティーに参加することになった!」

そんなときどんな服装で参加すればよいのかわからないですよね。
そこで今回は婚活パーティーに参加するときの女性におすすめの服装をご紹介いたします。
 
□婚活パーティーの服装
・ワンピース
定番ともいえますが間違いはありません。
柔らかいシフォン素材のもので女性らしさを演出しましょう。
 
・さりげないアクセサリー
イヤリング、ブレスレットなどあまり目立たないけれどもキラキラ光るものを身に着けることをおすすめします。
室内だと照明、屋外だと日光に当たることで光って見えるため男性の目を引きやすいです。
 
・パステルカラーの服
明るい印象になり、女性らしさを演出することもできるのがこの色です。
白い服は肌をきれいに見せてくれる効果もあります。
 
・小さめのバッグ
大きなバッグは存在感が大きく、置き場所にも困ることがあるので避けましょう。
整理整頓ができなさそうという印象を持たれてしまう可能性もあります。
 
・ナチュラルさを意識
明るすぎる髪色は派手さを倍増してしまうため奇抜すぎる髪形や髪色は避けることをおすすめします。
爪も長い付け爪を避け、ナチュラル系の色や薄いマニキュアをつけるくらいがちょうどよいです。
爪の形を整えることも忘れないでおきましょう。
またメイクは薄化粧くらいの方が男性には好印象です。
 
□おわりに
派手な服装にしすぎずに女性らしさを出すことが好印象のようです。
「普段はそんな服装はしないんだけど…」
そんな方もぜひ勇気を出して着てみてはいかがでしょうか。
将来のパートナーとなる人と近づけるチャンスになるかもしれません。

結婚相談所を利用することで成婚率はどのくらい変わるのか?

2018年10月30日 [ スタッフブログ ]

 周りがどんどん結婚しだして焦っているあなた、そろそろパートナーが欲しいと感じているあなた。

婚活に結婚相談所を利用すべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。
 
□結婚相談所を利用するべきか
*成婚率はどのくらい?
独身で恋人がいない人が1年以内に結婚できる確率は約3%と言われています。
しかし相談所を利用することでこの確率が約10%になるとされています。
たったの10%と感じるかもしれませんが利用しない場合と比較すると約3倍になるため本気で婚活を行う場合は相談所を利用するべきかもしれません。
 
*年齢別
・20代
20代向けのプランが用意されており、通常よりも安いことが特徴です。
婚活市場では若さは武器であるとも言えるため、マイナスな条件となってしまいがちな性格や家庭状況などがあっても帳消しできることがあります。
さらに若いからこそライフプランを余裕を持って建てることができるというメリットもあります。
 
・30代
利用者の年齢層が一番厚いです。
金銭的にも余裕が出てくることから結婚に真剣な人も多いです。
 
・40~50代
日常での出会いはほぼ無い状態の方も多いと思います。
しかし相談所では定期的に紹介してくれるとことも多いため出会いのチャンスは圧倒的に増えます。
 
□おわりに
結婚相談所では結婚を前向きに考えている人に効率的に会うことができます。
またアドバイザーなどに相談しながら婚活をすすめていくことができるのも大きなメリットです。
パートナーを見つけたいと強く感じているならば結婚相談所の利用も考えてみてはいかがでしょうか。

婚活において役に立つプロフィールの書き方をご紹介

2018年10月28日 [ スタッフブログ ]

 「そろそろ婚活をはじめないと…」

そうお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その最初の段階としてまず必要なのがプロフィールの記入です。

 

□婚活プロフィールの書き方のコツ

*相手への希望条件は少なめに

婚活を行う人の多くは年収や年齢、容姿等に希望がある方が多いのではないでしょうか。

しかしそれを全て書いてしまうと出会う機会を狭めてしまうことになります。

もしその条件に見合った人がいても、条件が多すぎる場合よくない印象を持つ人もいます。

よって希望条件は少なめに書いて、多くの人に出会いながら探していきましょう。

 

*イメージしやすい表現

性格や人柄は付き合いを深めるかどうかの決め手となる要素です。

プロフィールを書くときにそういった性格や人柄をイメージしやすい表現をすると相手にある程度こちらのイメージを固めてもらいやすいです。

 

例えばランニングが趣味の場合、

「朝に毎日のんびり走っています」「毎日時間を計測しながら5㎞走っています」

では印象が異なるのではないでしょうか。

 

*ポジティブな表現方法

ネガティブな表現は人を遠ざけてしまいがちです。

「人付き合いは苦手です」「趣味は特にないです」

こういった文章はあなたのイメージがマイナスになってしまいます。

正直に書くことはよいことですがネガティブすぎる内容にならないように全体のバランスを見ながら入れるようにしましょう。

 

*嘘は書かない

相手にできるだけよく見られたいという気持ちから嘘を書いてしまう人がいます。

しかしそれはあとでばれたときに相手の信頼を失ってしまうことになります。

 

□おわりに

婚活の最初のステップともいえるプロフィールは、上手く書けばあなたの今後の婚活をスムーズなものにしてくれるかもしれません。

今回ご紹介したような書き方を利用して素敵なパートナーに会うことができる機会を増やしましょう。


メニュー
月別一覧
ご成婚会員様の婚活ストーリー
イベントカレンダー
無料カウンセリング受付中
親御様向け無料相談会
資料請求
スタッフブログ
外部リンク

※別窓で表示されます。

会員ログイン 会員様専用ページ
日本結婚相談所連盟
日本結婚相談所連盟 お試し検索
結婚相談所の安心・安全の証 JLCAマル適マークCMS
GSL