スタッフブログ

スタッフブログ

結婚相談所が解説、相手に配慮した丁寧な断り方

2019年06月10日 [ スタッフブログ ]

 「食事に行ったけど、合わないと感じた」

「他の相手が見つかった」
という理由で相手の誘いを断りたい人はいるのではないでしょうか。
下手な断ることは相手を傷つけてしまう可能性があります。
そこで、相手に配慮した丁寧な断り方を紹介します。
 
□相手に配慮した丁寧な断り方
相手に配慮した丁寧な断り方の例を3つ紹介します。
これら方法でも、少しは相手も傷ついてしまいます。
しかし、忙しいなどの雑な理由をつけて断ると、もっと傷ついてしまいます。。
*感謝->断り->謝罪
最初に誘ってくれたことへの感謝します。
次に、できれば理由を添えて、断ります。
最後に、誘いを断ることへの謝罪をします。
謝罪というと断ることが悪いように聞こえますが、相手に配慮するためには必要なことです。
 
*できるだけ早く断りの連絡する
お互いに結婚相談所に来ている以上、必死に相手を探しているはずです。
こちらが判断して連絡しなければ、相手の時間を無駄にしています。
そのため、断ることが苦手でも、先延ばしにせずに、出来るだけ早く連絡してください。
 
*相手を尊重しつつ、丁寧に断る
断りの理由を伝えるときに相手を批判せず、良い部分を書いた上で、先約があるなどの理由で断りましょう。
この断り方は断られた方も自分が誘った相手はやっぱり素敵な方だと思えます。
 
□まとめ
以上、相手に配慮した丁寧な断り方を紹介しました。
断る場合も相手に対する配慮を忘れず、丁寧に断りましょう。


メニュー
月別一覧
ご成婚会員様の婚活ストーリー
無料カウンセリング受付中
親御様向け無料相談会
資料請求
スタッフブログ
外部リンク

※別窓で表示されます。

会員ログイン 会員様専用ページ
日本結婚相談所連盟
日本結婚相談所連盟 お試し検索
結婚相談所の安心・安全の証 JLCAマル適マークCMS
GSL